通信制大学 星槎大学の教育理念・設立主旨・建学の精神

  1. 星槎大学 ホーム
  2. 星槎大学について
  3. 星槎の心・理念・設立趣旨

星槎の心・理念・設立趣旨星槎大学の教育理念について

星槎大学外観
建学の精神
 

星槎大学「建学の精神」

人と人、そして人と自然とが共生する社会の創造に貢献する。

人類の歴史は、絶えることのない長い戦いの歴史でもありました。第二次大戦後のアメリカを中心とする資本主義陣営と、ソ連を中心とする社会主義陣営との激しい対立の終焉も平和をもたらすものではありませんでした。冷戦構造の中で燻っていた民族や宗教などの火種が燃え上がり、戦いは世界に拡散した観すらあります。今、主義思想や人種・民族、宗教あるいは国家間の貧富の格差など諸々の異なる条件を与件として、共生する世界の構築が強く求められる所以であります。

この共生という観点から我が国を見れば、戦後50余年の長きにわたる平和のもと、人々の努力の積み重ねで世界が羨望する豊かな社会を実現しましたが、富や文化の地域偏在の拡大、高齢者や障害を有する人々への福祉や教育上の対応の遅れ等々、未だ豊かな社会を共有しているとは言えない状態にあります。今、更なる豊かに共生する社会の構築が求められるところであります。

次に、人と自然との関わりに目を転じますと、生態系の頂点に立つ我々人類の人口の激増とその営みによって、森林破壊、水質・大気汚染、温暖化等々の環境破壊が加速され、このままでは宇宙でも稀有な、生命に溢れる水と緑の惑星地球における生命の生存環境が損なわれるおそれがあります。次の世代に豊かな生存環境を引き継ぐことができるように、今、自然との共生が強く求められる所以であります。このようなことを考えるとき、私どもは、国際学園の共生という教育理念を大学レベルにまで引き上げ、人と人、そして人と自然が共生する社会の創造に貢献することを強く願うものであります。
この際、私どもは、その基になるものとして、教育や福祉、環境、あるいは国際関係に関する広い知力、共生する心を耕すこと、そして問題を前向きに解決する探求力の育成が不可欠であると考えるものであります。

星槎大学「建学の精神」全文(「設置申請書」より)

 

星槎大学「教育の基本理念」

星槎大学「教育の基本理念」

星槎大学は、人と人、そして人と自然とが共生する社会の創造に貢献することを目的とし、『共生』という理念で結ばれる、教育、福祉、環境、国際関係及びそれらを横断する広い知力、共生する心の耕作、様々な問題を前向きに解決しようとする課題探求能力の育成、特別支援教育を担う教師等の育成を目指しています。

 

共生科学部 設置の趣旨

誰でも、いつでも、どこでも学べる大学
職種や地域、個々の時間の都合など、人的・場所的・時間的な情報格差を 是正した学習の場を提供することをめざします。


生涯学習ニーズへの対応
社会環境や生活環境は成熟しつつあり、ひとびとが物質的に満たされ、ゆとりや心の豊かさなど多様な価値や自己実現を求めています。また、職業能力を高めつつ新しい知識や技術を獲得することが必要となるなど、生涯学習ニーズは高まっています。このような状況に対して、個々のライフスタイルやライフステージに合わせた学習が可能である大学通信教育をめざします。


地域社会への積極的な貢献
1.地域の特性や要望を加味した双方向的な公開講座を開設します。
2.地方自治体、福祉施設、商工会議所および地域の諸活動等、本学の教育研究に関連する分野における、地域の官民との積極的な交流および情報提供、助言します。
3.状況により、地域関係機関との共同研究をします。
4.近傍の高等教育機関と協力してネットワークを形成し、それぞれの持ち味を生かして、地域へ積極的に貢献します。

 

星槎大学のポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)
星槎大学は、通信制課程のみを設置する大学として、学ぶ機会をすべての人に対し平等に拓くと共に、「共生科学」を学問分野とした教育研究活動をおこなっています。
「学びたい」と感じたときがその人にとっての学びの適齢期であり、その「学び方」も多様であるとの考え方から、在籍年限を定めず一人ひとりのペースで学び続けることができる、履修する科目分のみの学費負担で学ぶことができるなど、社会人も含めたあらゆる方にとって学びやすいシステムを取り入れています。星槎大学での学びは、知識にとどまらない実践に結びついてこそ活きてくるものであり、まさに共生科学は共生社会の実現を目指す実践的学問であると考えています。
このような考え方に基づき、「共生」の理念に共鳴し、強い意欲をもって学ぼうとする皆さんを、国内外を問わず広く受け入れます。星槎大学だから可能な多様な学びを習得し、その学びを社会における実践に繋げていく志をもつ方の入学をお待ちしています。

・誰でも、いつでも、どこでも学べます。
・在籍年限がありません。
・一科目から学べます。
・海外在住者も学べます。
・「共生」の理念に共鳴し、実践していこうとするすべての方を歓迎します。


カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)
本学では、通信制課程ならではの多様な学生に応じて、本学の養成する人材像を実現すべく、以下の方針で教育課程を編成しています。

・共生科学部共生科学科という一学部一学科の特性を活かして、各専攻分野を横断して学べるよう、選択科目を中心に開設します。
・共生科学科の基礎となる科目として、共生科学基盤科目(選択必修科目)を開設します。
・学士課程を構成する科目として、教養科目(選択必修科目)を開設します。
・共生科学科の専門となる科目として、専攻専門科目(専攻ごと選択必修科目)を開設します。
・専攻専門科目として、共生科学専攻専門科目群、初等教育専攻専門科目群、福祉専攻専門科目群、スポーツ身体表現専攻専門科目群を開設します。
・共生科学専攻専門科目群は、教育、特別支援教育、環境、国際関係、共通に区分して開設します。
・共生科学科の学修の集大成として、共生科学発展研究科目を開設します。
・資格関連科目群として、教職課程等に必要な科目を開設します。


ディプロマポリシー(学位授与の方針)
本学では教育の基本理念として、「21世紀に適応する広い知力の育成」「心の耕作」「課題探求能力の育成」「特別支援教育を担う教師等の育成」を掲げています。「共生」という理念を共有し、教育、福祉、環境、国際関係およびそれらを横断する広い知力と教養を有し、現代社会における様々な問題を解決しようとする課題探究能力と、自立した判断力を身につけ、社会に貢献する人材の養成を目指します。 よって所定の履修単位を修得した上で、卒業要件である「卒業論文」等において、「共生科学」の学修が以下の項目に鑑みて、一定の成果をあげた際に、「学士(共生科学)」を授与します。

・人と人、人と自然、国と国とが、豊かに共生していくことに資する意を有する。
・共生科学科の特性に応じて編成された教育、福祉、環境、国際関係およびそれらを横断する諸分野を学修している。
・課題探究能力、自立した判断力、社会に貢献する態度が身についている。

ページトップへ