• Lorem
  • Ipsum
  • Dolor

春講習のお知らせ

春講習の申請が文部科学省により認定されました。
12月16日(金)0:00から募集を開始します。
3月26日~3月30日に下記会場にて開講いたします。

【テレビ会議】6H+6H必修及び選択必修:3/26-27
	■講習タイトル:教育の最新事情・アクティブラーニングを用いた進路指導及びキャリア教育
	■対象職種:教諭・養護教諭・栄養教諭
	■9会場
		星槎札幌もみじキャンパス
		星槎大学 仙台学習センター
		星槎大学 立川学習センター
		星槎大学 横浜事務局
		星槎大学 浜松学習センター
		星槎 名古屋キャンパス
		星槎大学 広島学習センター
		星槎大学 福岡中央学習センター
		星槎 那覇キャンパス
【テレビ会議】18H選択:3/28-30
	■講習タイトル:児童生徒を惹きつける授業力~エンターテイメントから学ぶ~
	■対象職種:教諭・養護教諭・栄養教諭
	■6会場
		星槎札幌もみじキャンパス
		星槎大学 仙台学習センター
		星槎大学 横浜事務局
		星槎大学 浜松学習センター
		星槎 名古屋キャンパス
		星槎大学 福岡中央学習センター
【ライブ授業】6H+6H必修及び選択必修:3/29-30
	■講習タイトル:教育の最新事情・有効な教育相談とは
	■対象職種:教諭・養護教諭・栄養教諭
	■相模原教育会館
【ライブ授業】6H+6H必修及び選択必修:3/26-27
	■講習タイトル:教育の最新事情・学校における組織的対応の必要性と危機管理上の課題
	■対象職種:教諭・養護教諭・栄養教諭
	■アネックスパル法円坂(大阪市)
【ライブ授業】18H選択:3/26-28
	■講習タイトル:ビッグヒストリー~宇宙・地球・ヒトの過去と未来を眺め、「見えないものを見る力を育てる授業をデザインする」
	■対象職種:教諭・養護教諭・栄養教諭
	■相模原教育会館
【ライブ授業】18H選択:3/28-30
	■講習タイトル:発達障害などの特別なニーズに対応するインクルーシブ教育
	■対象職種:教諭・養護教諭・栄養教諭
	■エル・おおさか

	上記会場のリンクより講習検索結果が直接表示されます。
	満席になり次第募集終了とさせていただきます。
	ユーザー登録をして頂き募集開始となりましたら、ログインをして講習をお申込みください。
尚、来年度の更新講習の案内は2月上旬よりお知らせ予定です。
どうぞ皆様良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い申し上げます。

・春講習に関する書類の発送は平成 29 年 1 月 10 日から開始となります。
※会場ごとに開始時間が異なりますので、送付される「受講の手引き」にて必ずご確認ください。

【H28年度】ユーザー登録
講  習  日  程  検  索
尚、どうしてもFAXで申込なさる方々は下記からFAX申込シートをダウンロードし、プリントアウトしFaxで送信して下さい。
春講習FAX申込シート
※但し、FAXでお申込みいただいてもご予約が確定することはありません。インターネット予約の方々が優先されますのであらかじめご了承の上お申し込み下さい。
2017年3月開催春講習「受講の手引・地図」
◆通信講座の受講生は下記表紙ファイルご利用ください。
【ワード版】レポート提出用紙・添削指導連絡票【PDF版】レポート提出用紙・添削指導連絡票

教員免許状更新講習とは

  • 最新の知識技能を身に付けることを目的としています。
  • 平成21年4月1日以降に授与される免許状の有効期限は10年です。
  • 平成21年3月31日以前の免許状取得者にも更新制の基本的な枠組みが適用されます。
  • 修了確認期限(有効期限)満了前の2年間に30時間以上の更新講習を受講することが必要となります。

更新講習の内容

  • 教職についての省察並びに子どもの変化、教育行政の動向及び学校の内外における連携協力についての理解に関する事項
  • 教科指導、児童・生徒指導その他教育の充実に関する事項

星槎大学 教員免許状更新講習の特色

星槎大学では、より多くの先生方に免許状更新講習を受講する機会を得ていただけるよう、対面講習と通信教育の二つの形の講習をご用意しております。

  • 対面講習とは

    星槎グループのネットワークを利用した受講会場は全国各地にあります。

    星槎大学教員免許状更新講習の対面講習には、「ライブ」方式と、全国の会場を結び音声画面同時双方向の「TV会議システム」方式があります。「TV会議システム」方式については項目がございますのでそちらをご参照下さい。

    「ライブ」方式は、普段先生方が行っている授業と同じです。

  • 通信教育とは

    部活動で週末や長期休業の講習に参加することが難しい、子育て中のため何日も続く一日中の講習はちょっと無理、そういう方にこそ、通信教育での履修をお勧めします。

    通信教育では、本学が用意したテキストを学習していただき、その中から興味関心のあるテーマを選んでのレポート作成に取り組むことで、必修領域12時間分、選択領域18時間分の学修に相当する履修を行っていただけるシステムです。

    【ワード版】レポート提出用紙・添削指導連絡票
    【PDF版】レポート提出用紙・添削指導連絡票

  • テレビ会議システムとは

    発信会場と受信会場をリアルタイム双方向システムで結ぶ講習です。お住まいの近くの会場で講習を受けられるので、利便性が高いです。発信会場はもちろん受信会場も、テレビ会議システムを通し教員に質問することが可能です。

    各会場で受講している先生方や会場担当している教職員とコミュニケーションを取ることが可能です。

  • 通信教育のレポートについて

    メールや郵便で届けられたレポートを本学の担当講師が添削・評価し、返却します。レポート合格者には修了認定試験の受験資格が与えられます。修了認定試験は、同日、同会場で、必修・選択領域の試験を実施しますので、1日での受験も可能です。

    合格率は対面講習とほぼ変わらず、対面講習よりも拘束時間が短いのが特徴です。

  • 更新手続きについて

    各都道府県の教育委員会が管轄です。市町村の教育委員会・教職員組合・学校等の単位で、一括申請をする場合、更に締切りが早くなるケースがあります。後期に開講する更新講習が少なく、希望の講習を受講することが難しい場合もあります。そのため、2年間という対象期間を有効に使い、受講対象者となったら、早めに受講スケジュールを立てることが大切です。

    受講対象者かどうかはご自身で下記、文部科学省ホームページをご確認ください。
    修了確認期限をチェック

  • 講習費用について(H.28.5~)

    講習方法 領域 受講費用
    対面・通信 必修・選択必修12時間 14,000円
    (通信連絡費各1000円を含む)
    対面・通信 選択18時間 19,000円
    (通信連絡費1000円を含む)
    対面 選択6時間 7,000円
    (通信連絡費1000円を含む)

お申込みについて

お電話でのお申込みは一切受け付けておりません。
ユーザー登録後、ご希望の講習に空きがあればご予約承ります。
ユーザー登録方法はこちらから