アコモデーション コース | 共生科学部 | 通信制大学 星槎大学

  1. 星槎大学 ホーム
  2. 学部・専攻
  3. アコモデーション コース

アコモデーション コース共生科学部 アコモデーション コースの紹介

アコモデーションコースとは?

アコモデーションコースは、通学制に準じた学修形態で、学修サポートを受けながら学びたい方を対象としたコースです。
自分流に学びをカスタマイズできる通信制の特長を活かしながら、平日開講の授業プログラムとチューターによる日常的な学修サポートを取り入れることで、それぞれのニーズに合わせた学びが実現できるカリキュラムとなっています。

アコモデーションコースのメリット

写真

  • 通学制大学に比べ学費負担が少ない
     (私立大学体育学部(通学制)の平均は4年間で550〜700万円)
  • 丁寧できめ細やかなレポート添削指導が受けられる
  • 一人ひとりにあった個別学修計画のもと学ぶことができる
  • 目標に向かって時間を有効に活用できる
  • その場で直接学修指導を受けられる
  • 仲間とともに目標に向かって学ぶことができる
  • 日々の練習や合宿、大会などの競技活動も学修の成果として認められる
  • チューターによるレポート指導や授業のサポートがある
  • 指導教員

    星槎大学 教授 渋谷聡

    部長

    星槎大学 教授 渋谷 聡

    専門種目:110mハードル
    経歴:東海大学大学院体育学研究科修了。星槎大学専任講師を経て現職。専門分野は陸上競技・スポーツ心理学。陸上競技やバレーボー ルを通して、授業・教材研究を行っている。

    現場ではなく裏方として、練習環境や学修環境を整え、メンタル面も含めてみなさんをサポートをしていきます。みなさん一人ひとりの夢がかなえられるよう一緒に頑張ります。

    星槎大学 植村 和弘

    監督兼長距離コーチ

    星槎大学 植村 和弘

    専門種目:3000m 障害
    経歴:東洋大学卒業。東洋大学が箱根駅伝で初優勝したときに長距離コーチを務める。その後他大学陸上部員監督、コーチを経て現職。

    チームとして箱根駅伝出場を目指し、個人として全日本インカレ、関東インカレ出場、そして入賞を目指して努めていきます。その目標に向かって努力していく過程で、競技力向上と共に豊かな人間性を身に付けられるような指導をしていきます。

    星槎大学 講師 川面 聡大

    短距離コーチ

    星槎大学 講師 川面 聡大

    専門種目:100m、200m
    経歴:(競技実績)100m10秒22(自己記録)/200m 20秒56(自己記録)
    日本選手権3位のほか世界選手権にも選出され るなど日本代表として活躍。
    (指導実績)東海大学短距離コーチとして、日本学生陸上競技対校選手権大会及び日本陸上競技選手権大会で上位入賞、国際大会出場後、現職。

    私は、短距離の100mにおいて世界で戦うことを目標に実業団選手として競技を続けていました。できないことをできるようにするための指導を行います。みんなで速くなりましょう!

    チューター

    アコモデーションコースに通う学生に対して、履修科目登録や学修計画、レポート作成について個別にアドバイスするなど、学修全般のサポートを行います。

    アコモデーションコース陸上競技部とは?

    机に向かって勉強をすることだけが「学修」ではありません。陸上競技においても、「走る」ことを通して、そこにはさまざまな学びがあります。本コースでは、練習や大会、合宿など、陸上競技部としての日々の活動を通して、人と人との共生という視点から、理論と実践を学んでいきます。
    また、関東インカレ、 日本インカレ、大学三大駅伝(出雲、全日本、箱根)出場を目指し、専門家の指導のもと、本格的に陸上競技に打ち込むことが可能です。(関東学生陸上競技連盟加盟校)

    こんな方にオススメ

  • 陸上競技を通して学びを深めたい方
  • 通学制に準じた学修形態で学びたい方
  • 留学生に刺激を受けながら競技に打ち込みたい方
  • 大学で真剣に陸上競技(短距離、長距離)に取り組みたい方
  • 学費の負担を抑えながら自分に投資したい方
  • 保健体育教諭免許状(中・高)を取得したい方
  • アコモデーションコース生の1週間(モデルケース)

    アコモデーションコース生の1週間
    ページトップへ