特別支援 | 共生科学部・専攻 | 通信制大学 星槎大学

  1. 星槎大学 ホーム
  2. 共生科学部・専攻
  3. 開講科目紹介
  4. 特別支援

特別支援共生科学部の開講科目紹介を解説

特別支援

※ スクーリング単位欄にA、Bとあるのは、同一科目での履修方法の違いを表しており、いずれか一方のみしか履修できません。(Aはスクーリングあり、Bはスクーリングなし)
※ 平成28年度について、「☆」印の科目は非開講となります。また、「★」印の科目はB(スクーリングなし)のみの開講となります。
(注)福祉専攻専門科目群に関しましては、厚生労働省が示す単位数により一部変更になる場合があります。

知的障害教育総論
知的障害教育総論 担当教員:清水直治
受講料:15,000円
知的障がいのある幼児・児童・生徒の学校教育である特別支援教育を実施するにあたっての幼児・児童・生徒の病理と心理の特徴、及び教育課程や指導法などの内容とその実際を学修する。「共生社会の形成に向けたインクルージョン教育」を推進するための要件や実現可能性について考究する。
2 SC 0.5 シラバス
知的障害児・者の心理・生理・病理
知的障害児・者の心理・生理・病理 担当教員:伊藤一美
受講料:10,000円
「知的障害児・者の心理・生理・病理」では、新しい教育のかたちである特別支援教育のシステムを理解し、知的障がい以外の発達障がいやその他の障がいの定義と心理・行動特徴を学修する。知的障がいの心理、生理、病理の理解を深めることを目指す。
2 SC - シラバス
知的障害児・者への支援
知的障害児・者への支援 担当教員:西永堅
受講料:10,000円
本講では、ABC分析を理解することによって、応用行動分析の原理を学び、それをこどもたちの発達の支援に活かしていく。具体的には、問題行動を減らそうとするのではなく、問題行動のかわりとなる適切な行動を増やしていける指導計画を作成できるように学修していくことが、本講の目的とねらいである。
2 SC - シラバス
肢体不自由教育総論
肢体不自由教育総論 担当教員:細村迪夫
受講料:10,000円
特殊教育から特別支援教育への転換を踏まえて、肢体不自由教育の歴史、教育の場と就学の仕組み、教育課程の編成と実施、今日的課題に関する講義をとおして、基本的な知識を理解する。そして肢体不自由児の教育指導に幅広く対応できる能力や態度を修得していくことを目標とする。
2 SC - シラバス
肢体不自由児・者の心理・生理・病理
肢体不自由児・者の心理・生理・病理 担当教員:徳永亜希雄
受講料:10,000円
肢体不自由児の心理・生理・病理の講義をとおして、肢体不自由児の心理学的・医学的特性等に関する基本的知識を学ぶ。本人が障がいを受容し、主体的に障がいに基づく困難を克服し、肯定的な自己像を培って自立し、社会参加できるよう適切に指導・支援できる能力や態度を身に付ける。
2 SC - シラバス
肢体不自由児・者への支援
肢体不自由児・者への支援 担当教員:細村迪夫
受講料:10,000円
個別の教育支援計画や指導計画の作成、教科や領域の指導、知的障がいを併せ有する児童生徒の指導、自立活動の指導、職業教育と進路指導、特別支援学校のセンター的機能などを学修していく。肢体不自由児・者の指導・支援全般にわたる基礎を理解し、指導・支援のための能力や態度を修得していくことを目標とする。
2 SC - シラバス
病弱教育総論
病弱児・者への支援 担当教員:小鴨英夫
受講料:10,000円
病弱・身体虚弱児は、慢性的疾患や身体虚弱のため、長期にわたり医療や生活上の規制を必要としている。このような児童生徒は、健康の回復や心身の望ましい発達を図るために、医療や生活規制と並行して適切な教育を行うことが極めて重要である。こういった中で、より充実した生活が営まれ、よりよい自己実現が図られることを意図する教育であることを理解する。
2 SC - シラバス
病弱児・者の心理・生理・病理
病弱児・者への支援 担当教員:小鴨英夫
受講料:10,000円
病弱・身体虚弱児の心理・生理・病理を理解するにあたって、個々の疾患に関する基礎知識、病弱児の置かれている環境(家庭、学校、医療施設など)について学ぶ。 病弱児が示す不適応行動は、適切な指導や治療によって改善が期待できることを認識し、病弱児の心理について、理解を深める。
2 SC - シラバス
病弱児・者への支援
病弱児・者への支援 担当教員:小鴨英夫
受講料:10,000円
本講の教育対象となっている病虚弱児は、慢性の病患や身体虚弱のために、長期にわたり医療や生活規制を必要としている。適切な教育を施さない場合、心理的・社会的に不適応を起こすことや病気の回復を妨げる恐れがある。病弱教育では、病類に応じた教育的配慮が行われていることを理解していく。
2 SC - シラバス
聴覚障害教育総論
聴覚障害教育総論 担当教員:喜屋武睦
受講料:10,000円
聴覚障害の生理病理学を基礎として学び、そのうえで、聴覚に障がいがあると学習上、社会生活上、心理上にどのような影響を及ぼすのかを理解できるようにしたい。乳幼児から成人に至るまで、どのような課題があり、どのような支援が行われていくのか、歴史的背景を踏まえて学ぶ。
2 SC - シラバス
視覚障害教育総論
視覚障害教育総論 担当教員:樋原理恵
受講料:10,000円
視覚障害児教育の歴史を学び、視覚障害児の教育の場とその対象範囲、視覚の成り立ちといった基本的事項と、盲児・弱視児のそれぞれの指導の留意点、教科や自立活動における配慮事項を学ぶ。また、視覚障害児を理解するとともに特別支援教育全般への関心を深め、教科教育や自立活動の具体的な指導内容、方法を学修する。
2 SC - シラバス
障害児教育総論
  担当教員:神山努
受講料:10,000円
特殊教育から特別支援教育への転換を踏まえて、障害児教育の歴史、理念、障害児の発達特性と教育方法、特別支援学校の教育課程、障害児教育の課題等に関することを学び、障害児全般にわたる基本的な知識を理解する。また、障害児の教育指導に幅広く対応できる能力や態度を身に付けることを目標とする。
2 SC - シラバス
応用行動分析学
応用行動分析学 担当教員:三田地真実
受講料:15,000円
基本原理を理解し、こどもの問題行動を含め、さまざまな問題に関わる人間の行動を科学的に理解すること、及び、A B Aの実験方法である、シングル・ケース・デザイン(単一事例実験計画法)について理解し学ぶ。実際のさまざまな問題に関連する人間行動の変容について指導介入を行うことができるようにすることを目標とする。
2 SC 0.5 シラバス
発達障害の判定とその教育的対応Ⅰ
発達障害の判定とその教育的対応Ⅰ 担当教員:西永堅
受講料:15,000円
各発達障がいの定義について学ぶ。また、それらの障がいを判定するためのアセスメント方法を、具体的に学修していく。本授業はスクーリングのみの授業である。また、「発達障害の判定とその教育的対応Ⅱ」を連続して受講することを望む。
1 SC 1 シラバス
発達障害の判定とその教育的対応Ⅱ
発達障害の判定とその教育的対応Ⅰ 担当教員:西永堅
受講料:15,000円
各発達障がいの定義について学ぶ。また、それらの障がいを判定するためのアセスメント方法を、具体的に学修していく。本授業はスクーリングのみの授業である。また、「発達障害の判定とその教育的対応Ⅰ」と連続して受講することを望む。
1 SC 1 シラバス
発達障害教育指導法(1)
発達障害教育指導法(1) 担当教員:岩澤一美
受講料:25,000円
本講は、発達障がいの教育的な指導の方法について学ぶことを目的とする。学校における配慮と支援、保護者・教師への支援について学んでいく。また、保護者・教師への支援については、カウンセリングの方法論を前提として、保護者や教師への支援の在り方について論じ、理解していく。
3 SC 1 シラバス
発達障害教育指導法(2)
発達障害教育指導法(2) 担当教員:阿部利彦
受講料:15,000円
学校でこどもたちが直面する問題も多様化・複雑化してきており、教育相談、生徒指導、特別支援教育といったそれぞれの枠組みを超えた柔軟な手立てが求められるようになっている。そこで、通常学級にいるさまざまな困難や支援ニーズを持つこどもをサポートする方法について、討論や演習を通じて学んでいく。
1 SC 1 シラバス
自閉症児・者の心理
自閉症児・者の心理 担当教員:寺山千代子
受講料:10,000円
発達障がいといわれる自閉症を中心に、アスペルガー障害(症候群)について、DSM-Ⅳ-TRの診断基準を参考に、特徴をまとめる。そして、養育における母親の役割について具体的に考える。彼らの持つ「生きにくさ」とは何かを考え、アプローチの方法を理解する。自閉症とアスペルガー障害の違いや、自閉症スペクトラム障害とは何か、自閉症の「心の理論」について理解する。
2 SC - シラバス
自閉症児・者への支援
自閉症児・者への支援 担当教員:寺山千代子
受講料:10,000円
最近は、「発達障害者支援法」の中の発達障がいの枠に、自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害などが入っている。ここでは、自閉症児・者を中心に、障がい特性を明らかにし、自閉症児・者への理解と支援の方法を修得する。どのような支援が必要なのかを具体的に考えられるようにしたい。
2 SC - シラバス
聴覚・言語障害児への支援
聴覚・言語障害児への支援 担当教員:跡部敏之
受講料:20,000円
ことばという音声記号の修得および使用が普通一般の同年齢の人とかけ離れていて、伝達およびその他の話しことばの機能が発揮できないために適応力が低下してしまう状態を「言語障害」と捉え、それらの成り立ちや支援の方法を学ぶ。また、聴覚・言語障害の指導支援がどのように行われているかを学修する。
2 SC 1 シラバス
発達障害と医療
発達障害と医療 担当教員:市川宏伸
受講料:15,000円
本講座では発達障がいを持つこどもの心と行動を理解するために、発達的観点と学際的観点を基本に置き、心理・生理・病理を解説し、教育的支援の実践的基礎となることを具体的に学んでいく。そして、それらの知見を適切に教育に活かすことを目的とする。
1 SC 1 シラバス
発達が気になる子の「強み」を生かした支援
発達が気になる子の「強み」を生かした支援 担当教員:阿部利彦
受講料:15,000円
特別支援教育に対しての誤解が未だに多く聞かれるが、真の特別支援教育とは、さまざまな学びや行動につまずきを持つ子が、通常学級の日常において学修や活動に興味を持ち、新たに視野を広げられるようにする工夫である。即実践できるサポートについて「個別の指導計画」作成を通じて検討し、「授業のユニバーサルデザイン」についても学んでいく。
2 SC 0.5 シラバス
多様な子どもの理解と支援
多様な子どもの理解と支援 担当教員:古川潔
受講料:15,000円
すべての児童生徒が社会参加・自己実現を達成していけるよう、個性・特性・価値観またそれに伴う問題行動など、「多様化」「複雑化」の有無に関わらず、また専門家であるなしに関係なく、「こども理解」「こども支援」についての理解を深めていく。「いつでも・どこでも・誰にでも・程よく」できる理解と支援の能力を高めることを目的とする。
2 SC 0.5 シラバス
教室で使える特別支援の教材づくり
教室で使える特別支援の教材づくり 担当教員:三森睦子
受講料:15,000円
「共生社会の実現」に向けたインクルーシブ教育システムにおいては、同じ場で共に学ぶことだけでなく、個別の教育的ニーズによりよく応えられるような、多様で柔軟な仕組みを整備することが求められている。本講では、さまざまな児童生徒の個別のニーズに対応するための指導法を考え、教室で使える教材づくりについて、ともに学んでいく。
2 SC 0.5 シラバス
インクルーシブな学級づくり
インクルーシブな学級づくり 担当教員:佐藤由加子
受講料:15,000円
本講では、「一人ひとりの特性を理解するにはどうしたらよいのか」ということを、さまざまな生徒が通う、星槎中学校での取り組みや事例を含め、個別指導計画の作成について理解していく。またその個別計画や個別対応を学級づくりにどのように活かしていくのかを共に学んでいきたい。
2 SC 0.5 シラバス
▲ 科目タイトル一覧へ戻る
 

教員紹介へ
免許・資格取得紹介へ