福祉専攻専門科目群 | 共生科学部・専攻 | 通信制大学 星槎大学

  1. 星槎大学 ホーム
  2. 共生科学部・専攻
  3. 開講科目紹介
  4. 福祉専攻専門科目群

福祉専攻専門科目群共生科学部の開講科目紹介を解説

福祉専攻専門科目群

※ スクーリング単位欄にA、Bとあるのは、同一科目での履修方法の違いを表しており、いずれか一方のみしか履修できません。(Aはスクーリングあり、Bはスクーリングなし)
※ 平成28年度について、「☆」印の科目は非開講となります。また、「★」印の科目はB(スクーリングなし)のみの開講となります。
(注)福祉専攻専門科目群に関しましては、厚生労働省が示す単位数により一部変更になる場合があります。

福祉文化論
福祉文化論 担当教員:山口道宏
受講料:15,000円
ライフスタイルの実相を、現代社会と福祉文化の視点から具体的に検証する。当事者の眼で「個別性」「主体性」「継続性」をどう確かなものにするか、方法、内容、効果から検討する。「くらし」と文化のあらゆる断面を、福祉の視点に立ち、量と質、ハードとソフトにおいてどうなのか、また個人と地域の関係性、倫理と人権からの検討もしていく。
2 SC 0.5 シラバス
子ども家庭福祉
子ども家庭福祉 担当教員:伊藤わらび
受講料:15,000円
児童福祉の歴史と児童の権利保障への経緯について学び、法律及び行財政の仕組みについて理解する。また、児童の健全な育成を拒むさまざまな問題を学修し、児童の多様なニーズとこども家庭福祉サービスについて学ぶ。こども家庭福祉を担う人々のさまざまな専門性について理解を深めることを目標とする。
2 SC 0.5 シラバス
生命倫理と介護
生命倫理と介護 担当教員:鈴木知佐子
受講料:15,000円
生きていく意味や価値、幸福度について考え、幸福を形成するために現実の生活の中にどのような環境や関係が求められていくのかを考究する。また、基本的人権と権利擁護や人間の尊厳と職業倫理について学ぶ。生活や人生のQOLについても考え、障がいや高齢によって生活の支障がある場合の介護の在り方について検討する。
2 SC 0.5 シラバス
少子高齢時代とコミュニティ
少子高齢時代とコミュニティ 担当教員:山口道宏
受講料:15,000円
わが国の少子高齢化の過程と現状、課題について整理するとともに、家族・世帯の変容、さらに地域との関係性を学ぶ。そして、「持続性」を担保できる地域福祉の施策を数々の事例を通して、検討する。いわゆる「人口論」にとどまらず、生活問題とニーズの検証作業から、少子高齢化と地域福祉の有り様について学修していく。
2 SC 0.5 シラバス
障害者福祉研究
障害者福祉研究 担当教員:佐々木剛
受講料:15,000円
福祉問題として述べられている障害者論を、特別支援教育が提言された平成18年以降の諸研究や政策・提言を探り、再考する。障害者福祉環境の整備について、社会啓発の観点から障害観や教育論、医療や看護の概念、さらに、社会一般が持つ意識と受講者自身の持つ課題意識の整理を行い、障害観を検討する。
2 SC 0.5 シラバス
生活に役立つ社会保障
生活に役立つ社会保障 担当教員:砂田淳一郎
受講料:15,000円
本講では、これからの自身の生活を守っていくための社会保障制度について、利用者として制度を活用するために必要な知識・情報を知り、またわかりやすく学ぶことを目的とする。特に福祉専攻の方だけでなく、社会保障制度を広く知りたいという方の受講参加を歓迎したい。
2 SC 0.5 シラバス
現代社会とメンタルヘルス
現代社会とメンタルヘルス 担当教員:斎藤やす子
受講料:15,000円
本講では、私たちのライフスタイルから年齢、性別、環境のなかで心の健康(メンタルヘルス)について現状・課題・問題点を考える。また、私たちが現代社会の中で生きていくために求められるメンタルヘルスとは何であるかを考える。さらに、社会生活とストレスに対して学修する。
2 SC 0.5 シラバス
事例研究 - くらしと権利擁護
事例研究 - くらしと権利擁護 担当教員:山口道宏
受講料:15,000円
ひとの「営み」と権利擁護の関係を、主に「生命」と「くらし」の事柄にしぼり、身近な事例研究から問題の所在、課題の抽出、そして解決へのアクセスなど検討する。権利としての人権、権利としての福祉の役割を知り、問題解決への方法なども議論する。
2 SC 0.5 シラバス
医学一般
医学一般 担当教員:吉田保男
受講料:10,000円
基本医学一般を学び、人体の構造、代表的な疾病、公衆衛生、保健や医療のサービスなどに係わる知識を修得するよう努める。医療関係の法令や医療関係の職種などに関する知識も、連携を取るには必須である。本講での学びは、生活するうえで役立つので、多くの人に履修していただきたい。
2 SC - シラバス
現代社会と福祉
現代社会と福祉 担当教員:豊田宗裕
受講料:20,000円
「社会福祉基礎構造改革」により、わが国の社会福祉はこれまでの理念や考え方、仕組みが大きく変化してきている。こうした状況に対して、社会福祉実践としての業務を行っていく際に、基本となる考え方や原理等について学修し、わが国における福祉施策の変遷が、時代背景との関係で理解できるようにすることを到達目標とする。
4 SC - シラバス
社会調査の基礎
社会調査の基礎 担当教員:矢原絵理
受講料:10,000円
社会福祉の援助の目的は、生活上の課題を抱えているその人を、人間として尊重しながら、その人らしく生活できるよう支援することにある。この科目では、「社会調査」の意義や目的、方法について学ぶ。またそれに伴う倫理、個人情報保護についての理解も求めたい。
2 SC - シラバス
相談援助の基盤と専門職
相談援助の基盤と専門職 担当教員:矢原絵理
受講料:20,000円
この科目では社会福祉士はどのような役割を担うのか、ソーシャルワークとは何かを押さえ、福祉サービス利用者に関わる時に、専門職としてどのような考え方を必要とするのかという理念を学ぶ。またソーシャルワークの歴史を踏まえ、現在求められる「総合的かつ包括的な相談援助」について理解を深める。
4 SC - シラバス
相談援助の理論と方法(1)
相談援助の理論と方法(1) 担当教員:矢原絵理
受講料:20,000円
社会福祉士が行う「相談援助」とは何か、どのように展開されていくのか、どのような技法・アプローチの理論があるのかということを中心に学んでいく。利用者がその人らしく生活できるためには、ニーズを正確に捉え、アプローチがどれくらい必要なのか、またどのような社会資源が必要で、関係諸機関とどのように連携する必要があるのかを考える力が必要であり、身につけていただきたい。
4 SC - シラバス
相談援助の理論と方法(2)
相談援助の理論と方法(2) 担当教員:中安恆太
受講料:20,000円
社会福祉士が相談援助を行ううえで、実際の援助に必要な理論や方法を学んでいきます。社会福祉の現場において援助をどのように展開していくか、どのような技法を用いて支援をおこなっていくか、相談援助の基本となる知識・技術を学びます。相談援助実習や相談援助演習においても基礎となる科目です。
4 SC - シラバス
地域福祉の理論と方法
地域福祉の理論と方法 担当教員:豊田宗裕
受講料:20,000円
何故「地域福祉」という考え方が重要視されるようになってきたのかを理解し、その背景となった事柄等を把握する。そうしたうえで、地域福祉の構成内容や概念の変化が起こってきた理由について、時系列で理解していく。 また、学んだ内容が実践現場の中でどのように用いられているのかを確認していく。
4 SC - シラバス
福祉行財政と福祉計画
福祉行財政と福祉計画 担当教員:豊田宗裕
受講料:10,000円
現代のわが国における福祉行財政の実施体制・状況について、仕組みを理解し、福祉行財政が実際どのように実行されているのかを学ぶ。福祉施策がどのように実践されているのか、また具体的な財政の仕組みがどのようになっているかを学修し、福祉計画の意義や目的、さらに作成方法についても理解することを目標とする。
2 SC - シラバス
福祉サービス組織と経営
福祉サービス組織と経営 担当教員:豊田宗裕
受講料:10,000円
これからの社会福祉分野において「組織の経営」ということが福祉実践に大きく影響してくるものとして、特に福祉サービスを提供している組織の種類や特徴を学修し、サービス提供機関が備えるべき経営の視点について、具体的な状況を踏まえて学ぶものである。
2 SC - シラバス
社会保障論
社会保障論 担当教員:宮寺良光
受講料:20,000円
資本主義社会における社会保障の目的と手段について理解し、社会保障各制度の特徴を学修したうえで、現在抱えている問題と課題について検討することを目的とする。また、今日のわが国における社会情勢を洞察し、それらが社会保障に及ぼす影響について学んでいく。
4 SC - シラバス
老人福祉論
老人福祉論 担当教員:井上紀代
受講料:10,000円
高齢者問題の背景やそれに対応する福祉制度のあり方について検証するとともに、高齢者のニーズに対応する実践を学ぶ学問である。高齢者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉・介護、相談援助に必要な高齢者福祉・介護に関わる制度、法律について学ぶ。また、安心して暮らし続けることができるまちづくりについて学修する。
2 SC - シラバス
介護概論
介護概論 担当教員:伊東一郎
受講料:10,000円
社会福祉士がともに働く介護職員の業である「介護する」という行為について学んでいく。介護実践においても、社会福祉士が介護を必要とする人及び諸制度を理解し、基本的な知識をもつことで、より質の高い福祉サービスの提供につながることを理解し、ケアマネジメント機能の重要性とケアマネジメント・プロセスにおける連携のあり方について考察する。
2 SC - シラバス
障害者福祉論
障害者福祉論 担当教員:佐藤貴洋
受講料:10,000円
障がいの概念、障害者福祉施策や法制度の変遷、障がい者が社会の中で置かれていた立場や家族との関係性を歴史的に理解する。障がいをもちながら社会の中で実際に生活している方々の視点から、福祉ニーズや現在の障がい者福祉に関する各種サービスを把握し、自立や社会参加を支えるためにどのような支援が必要となるかを考え、学ぶことを目標とする。
2 SC - シラバス
児童福祉論
児童福祉論 担当教員:伊藤わらび
受講料:10,000円
日本の児童福祉を中心に、次代の社会を担うこどもたちの福祉の実現のために実施されている多様な児童福祉サービスについて学修する。こどもたちを取り巻くさまざまな問題に関心を持ち、少子高齢社会における児童福祉に関する法律、制度の制定や改正、及び新たな児童福祉サービスについて常に学んでいただきたい。
2 SC - シラバス
公的扶助論
公的扶助論 担当教員:渡辺潤
受講料:10,000円
本講では、「生活保護」を基軸に、貧困の背景や「生活保護」に係わる社会動向等について学ぶ。特に、生活保護法「改正」及び困窮者自立支援法を中心とした、「生活保護改革の動向を学ぶ」ことをテーマとし、生活保護の「相談援助活動」・「自立支援」について理解することを目標とする。
2 SC - シラバス
保健医療サービス
保健医療サービス 担当教員:砂田淳一郎
受講料:10,000円
医療保障制度の変遷とそれを生み出した社会背景について学修する。また、保健医療サービスの概要、診療報酬制度の概要について理解する。さらに、保健医療サービスにおける専門職の役割について学び、専門職の連携のあり方、チームワーク、ネットワークについての理解を深めてほしい。
2 SC - シラバス
権利擁護と成年後見制度
権利擁護と成年後見制度 担当教員:伊東享子
受講料:10,000円
成年後見制度は、認知症高齢者や知的障がい者など、判断能力が不十分な方々が、安心して生活できるように保護し、支援する制度である。法的に権限を与えられた後見人等が本人に代わって、財産管理や身上監護を行う。本講では、後見人等を社会福祉士が担う意義を考える視点で学んでいく。
2 SC - シラバス
相談援助演習
相談援助演習 担当教員:砂田淳一郎・中安恆太・坂本翔子・矢原絵理
受講料:80,000円
社会福祉士は現代に生きる人の問題を解決しようとする支援者である。権利擁護、民主主義の人間普遍の原理、「価値」「倫理」「知識」「技術」の専門性を活力と方針で活かし、社会福祉の向上とクライエントの自己実現を目指すことが本来の目的である。実践と知識を体系化できることが社会福祉士の必要要素であるとして理解を深め、展開していく。
10 SC 3
相談援助実習指導
相談援助実習指導 担当教員:砂田淳一郎・中安恆太・坂本翔子・矢原絵理
受講料:50,000円
この科目では、本養成課程の最重要科目である「相談援助実習」を有意義かつ有効なものとしていくために、実習の意義、学ぶべき視点、相談援助現場での具体的な業務の内容とそこでの視点について、個別指導を中心にして学修していくことを目的とする。
6 SC 2
相談援助実習
相談援助実習 担当教員:砂田淳一郎・中安恆太・坂本翔子・矢原絵理
受講料:60,000円
具体的な実践現場における「相談援助実習」を実施し、相談援助の現場での具体的な業務内容を体験する。同時に、そこで実施される「支援」の内容について理解し、自身の援助技法として身につけることができるよう学ぶことを目的とする。
4 SC 4
▲ 科目タイトル一覧へ戻る
 

教員紹介へ
免許・資格取得紹介へ