星槎大学附属国際問題研究所

Directors Message

Welcome to Seisa Research Center for International Affairs,

In view of philosophies of our university, Seisa Research Center for International Affairs, founded on September 25, 2019, is engaged in research and study on challenges for Japan in the era of globalization for the following purposes.

(1) To consider the role Japan has to contribute to forming peaceful world orders, while delivering Seisa’s philosophy of “KYOSEI” (harmonious coexistence: living and co-existing in harmony), in the global community facing the increasingly diverse and complicated challenges such as the rise of nationalistic or inward-looking forces. (new turns toward multi-polarization and conflict);
(2) To investigate and analyze international situations from a global perspective, while trying to form a cross-sectional and multi-layered network of intellectuals beyond the fields of humanities, social sciences, natural sciences and engineering aiming for an inclusive society in which people can complement each other by understanding different culture and social background and rather overcoming such differences. Also, to send out forward-looking policy recommendations based on the research and studies and contribute to the improvement of people’s living and prosperity of society;
(3) To deliver Seisa’s achievements and experiences nationwide and across the world as the group has a better record on special education for truant students and children with developmental or learning disabilities.



星槎大学附属国際問題研究所は、本学の教育理念の一つである「国と国ないし人と国際社会が共生する社会」の創造に貢献することに鑑み、以下のような目的で2019年9月25日に発足しました。
(1)「多極化」「分断化」に向かい、新たな局面を迎える「グローバル社会」において、「共生社会」の実現に向けて星槎の理念を発信しつつ、世界秩序形成過程において我が国が果たすべき役割の考察を行う。
(2) 異なる文化・社会的背景を理解し、その違いを乗り越え、補い合うような共生社会を目指すために、グローバルな視点から諸情勢の調査分析・研究を行い、知見に基づく先見性のある情報を発信し、政策の提言を行い、広く国民生活の向上と人類社会の繁栄に貢献する。
(3) 特に星槎グループは、教育分野で、「不登校」、発達障がい、学習障がいなどの生徒を対象にした、特別支援「関わり合い」教育で実績を上げてきており、日本国内のみならず、世界にこの実績と経験を発信する。
 今後は、当研究所が行ったミニシンポジウムなどをできるだけアップしていきたいと思っております。

Yamawaki Naoshi
Seisa Research Center for International Affairs directors

星槎大学附属国際問題研究所 所長
山脇 直司 - Naoshi Yamawaki -



International order and international collaboration symposium video of the post-corona

星槎大学国際問題研究所主催 シンポジウム「ポストコロナの国際秩序と国際協力〜共生という観点から」

第1部 イントロダクション
 
第2部 佐々木伸教授
「ポストコロナの展望~グローバリズムは衰退するのか」


第3部 大嶋英一教授
「中国と新型コロナ、アフターコロナの国際秩序と国際協力」
第4部 佐々木伸教授、大嶋英一教授
質疑応答


第5部 角茂樹客員教授
「国際機関とコロナウイルス」
第6部 東博史客員教授
「アフリカとコロナの影響」


第7部 東智美准教授
「ポストコロナの展望;外国人との共生の視点から」
第8部 坂田映子教授
「ポストコロナへの展望:音楽・芸術の意義と役割」


第9部 総合討論1
 
第10部 総合討論2
 

© SEISA Group.