教員免許状(幼稚園・小学校・中学校・高校) | 免許状・資格取得 | 通信制大学 星槎大学

  1. 星槎大学 ホーム
  2. 教員免許状・資格
  3. 教員免許状

教員免許状幼稚園から小中高の教員免許状の取得について

星槎大学授業風景

活きる資格取得

目指すのは社会で活躍するための資格取得

資格をもっていることが条件であっても、その先に求められるのは学んできたことを実践の場で活かすことができるかどうか。 「人間性」と「実践力」が問われます。星槎大学は単に資格を取得するためだけの場ではありません。「現場でいきる力」を身につけることができる。それが星槎大学です。


教員免許状

こどもたちの笑顔のために働きたい!星槎大学では全ての学校種の免許状を取得できます!
星槎大学では全学校種の教員免許状の取得が可能です。「特別支援教育を実践できる教員」「カウンセリングの技能を持った教員」「環境の問題について語れる教員」など、こどもたちの笑顔のために働くことができる教員を目指し、教職課程科目以外にも、実践力を身につけるためのさまざまな専門科目が数多く開講されています。

星槎大学で取得できる免許状

教員免許状の種類には普通、特別、臨時の3種類がある他、構造改革特別区域法による特例特別免許状がありますが、通信教育課程で取得できるのは普通免許状になります。普通免許状には、小、中、高、特別支援学校(「学校教育法等の一部を改正する法律(平成18年法律第80号)」により、盲学校、聾学校、養護学校が「特別支援学校」に移行)及び幼稚園の教諭並びに養護教諭及び栄養教諭の免許状があり、それぞれ専修、1種、2種(高等学校教諭の免許状は、専修及び1種)に分かれています。
教員免許状は、主に学歴または教職経験年数等に関する基礎資格を有し、所定の単位を取得して、各都道府県教育委員会へ申請することによって授与されます 。

一括申請と個人申請

一括申請
星槎大学で正科生として教職課程の履修を行い、卒業と同時に1種免許状授与に必要な必修単位全て(66条の6に定める科目含む)を取得する場合は、大学の事務局を通して一括して申請を行います。 大学事務局からの案内に従って手続をすすめていただきます。
個人申請
個人で居住地の都道府県教育委員会に免許状を申請する方法です。教育委員会により、受付期間や手続方法など申請方法も異なりますのでご自身での確認が必要です。年度末には個人申請を受け付けない場合もありますので注意が必要です。

教員免許状の取得について

① 星槎大学で取得可能な免許状

星槎大学では次の教員免許状を取得することができます。

専攻 資格種 教育実習単位数 実習時間
共生科学専攻
中学校教諭1種免許状(社会)
5単位 3週間
高等学校教諭1種免許状(公民)
3単位 2週間
特別支援学校教諭1種免許状(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)
3単位 2週間
初等教育専攻
幼稚園教諭1種免許状
5単位 3週間
小学校教諭1種免許状
5単位 3週間
スポーツ身体表現専攻
中学校教諭1種免許状(保健体育)
5単位 3週間
高等学校教諭1種免許状(保健体育)
3単位 2週間

※ 2種免許状(幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校)をご希望の方はご相談ください。
※ 星槎大学の3月卒業と同時に1種免許状授与に必要なすべての単位(教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目を含む)を修得する場合、神奈川県教育委員会に一括申請することができます。その他の場合は現住所がある(現職教員の方は勤務校所在地)都道府県教育委員会に個人で申請していただきます。

② 教員免許状を取得するために必要な条件

(1)幼稚園教諭1種、小学校教諭1種、中学校教諭1種(社会/保健体育)、高等学校教諭1種(公民/保健体育)

① 学士の学位を有すること(本学で取得可)。
② 教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目を修得すること。
③ 教職課程において所定の単位を修得していること。
④ 小学校教諭1種、中学校教諭1種(社会/保健体育)の免許状を取得するためには、「介護等体験(※)」を済ませていること(本学で実施する場合、正科生のみ申し込み可)。

※ 原則として2日間の特別支援学校での体験、5日間の社会福祉施設での体験、計7日間の体験を行うことが必要です。
※ 介護等体験は大学を通して申請します。介護等体験を実施できるのは正科生として入学した方のみです。
(注) 初めて教員免許状を取得される方は、以上のすべての要件を満たす必要があります。

(2)特別支援学校教諭1種

① 学士の学位を有すること(本学で取得可)。
② 教員免許状の普通免許状を所持していること(「幼稚園」「小学校」「中学校」「高等学校」を問いません。また、1種2種も問いません)。
③ 教職課程において所定の単位を修得していること。

(3)免許状取得についての注意事項

① 教員免許状取得希望の方は星槎大学の教職課程に登録する必要があります (教職課程登録費・教育実習費が必要となります)。 〈学生募集要項P.8参照〉
② 「履修方法」が2種類(A・B)ある科目に関しては、スクーリングのある履修方法Aが必修となります。
③ 現職教員が勤務経験をいかして免許状を目指される場合、必要科目・単位数については、各都道府県の教育委員会に必ずご確認ください(教育職員検定)。

③ 教育実習・教育実習科目について

(1)他の免許状を所持している場合は、教育実習単位数が変わる場合があります。必ず免許状を取得された大学発行の「学力に関する証明書」を提出し、本学教職担当の確認を受けてください。
(2)教育実習科目には事前・事後指導(1単位)を含みます。事前・事後指導は必ず受講してください。
(3)授業料のほかに、教職課程登録費・教育実習費がかかります(教職課程登録が必要です)。
(4)実習校は基本的にご自身で開拓していただきます(内諾活動【自己開拓】時期は実習前年度8月末までに行うことが望ましい)。ただし、地域によって大学より教育委員会等に一括して申請をする場合もありますので、希望される地域の実習受入れの流れを早めに確認してください。


星槎大学で新たに教員免許状を取得する場合

教員免許状を取得するには「基礎資格」を満たすとともに、星槎大学の教職課程で教育職員免許法施行規則について、それぞれ必要とされる科目を履修し、定められた単位数を修得しなければなりません。さらに小学校、中学校教員免許状取得には「介護等体験」が必要になります。また、特別支援学校教諭免許状を取得するためには、小学校、中学校、高等学校又は幼稚園の普通免許状が必要になります。 (星槎大学で同時に取得を目指すことも可能です。)

(免許法第5条関係 別表第1による)
基礎資格 大学において修得することを必要とする最低単位数 教育実践に関する科目 大学が独自に設定する科目 特別支援教育に関する科目 合計
領域及び保育内容の指導法に関する科目 教科及び教科の指導法に関する科目 教育の基礎的理解に関する科目 道徳、総合的な学習の時間等の指導法 及び生徒指導、教育相談等に関する科目
教育実習 教育実践演習
幼稚園教諭免許
専修 修士の学位 16 - 10 4 5 2 38 - 75
1種 学士の学位 16 - 10 4 5 2 14 - 51
2種 短期大学士の学位 12 - 6 4 5 2 2 - 31
小学校教諭免許状
専修 修士の学位 - 30 10 10 5 2 26 - 83
1種 学士の学位 - 30 10 10 5 2 2 - 59
2種 短期大学士の学位 - 16 6 6 5 2 2 - 37
中学校教諭免許状
専修 修士の学位 - 28 10 10 5 2 28 - 83
1種 学士の学位 - 28 10 10 5 2 4 - 59
2種 短期大学士の学位 - 12 6 6 5 2 4 - 35
高等学校教諭免許状
専修 修士の学位 - 24 10 8 3 2 36 - 83
1種 学士の学位 - 24 10 8 3 2 12 - 59
特別支援学校教諭免許状
専修 修士の学位
小学校、中学校、高等学校
又は幼稚園の教諭の普通免許状
- - - - - - - 50 50
1種 学士の学位
小学校、中学校、高等学校
又は幼稚園の教諭の普通免許状
- - - - - - - 26 26
2種 短期大学士の学位
小学校、中学校、高等学校
又は幼稚園の教諭の普通免許状
- - - - - - - 16 16

教育職員検定により免許状を取得する場合(星槎大学で必要な単位を修得)

1. 現在持っている免許状を上位の免許状に上進(2種から1種など)する(免許法第6条 別表第3による )
2. 現在持っている免許状を基にして同校種の他の教科の免許状を取得する(免許法第6条 別表第4による)
3. 実務経験を利用して隣接校種の免許状を取得する(免許法第6条 別表第8 / 免許法施行規則第18条の2による)

教育職員検定とは?
教育職員検定の対象になるのは、主として現職教員または過去に教員として実務経験のあった方です。教育職員検定とは「検定」とあるので試験のようですが、実際には試験があるわけではありません。
免許法第6条に「教育職員検定は、受検者の人物、学力、実務及び身体について、授与権者が行う。」とあり、学力の検定は「大学での単位修得」、もしくは授与権者の行う「認定講習での単位修得」、人物、実務及び身体の検定は、基本的には勤務校(もしくは勤務していた学校)の管理職が書面により証明します。
※ 教育職員検定については、授与権者である各都道府県教育委員会によって細部が異なる場合がありますので、法令適用の可否、履修科目、単位数、修得方法等について、勤務先の都道府県教育委員会の指導を受ける必要があります。

1. 現在持っている免許状を上位の免許状に上進(2種から1種など)する

現在持っている免許状を上位の免許状に上進する(2種から1種など)場合です。これは、教員としての勤務経験を利用する各都道府県教育委員会の教育職員検定という免許取得の方法です。
現在お持ちの免許状を取得してから、所定の経験年数と上位の免許状を取得するために必要な科目を履修し、単位を修得すれば、上位の免許状の取得が可能です。

(免許法第6条 別表第3による)
取得したい免許状の種類 現在所有している免許状 現在の免許での最低在職年数 領域に関する専門的事項に関する科目 教科に関する専門的事項に関する科目 保育内容の指導法に関する科目又は教諭の 教育の基礎的理解に関する科目等 各教科の指導法に関する科目又は教諭の教 育の基礎的理解に関する科目等 大学が独自に設定する科目 最低修得単位数
幼稚園教諭1種
幼稚園教諭2種
5年 4 - 20 - 6 45
小学校教諭1種
小学校教諭2種
- 4 - 21 5 45
中学校教諭1種
中学校教諭2種
- 10 - 16 4 45
2. 現在持っている免許状を基にして同校種の他の教科の免許状を取得する

同じ学校種で他の教科の免許状を取得する場合です。星槎大学で取得できるのは、中学校は社会・保健体育、高等学校では公民・保健体育になります。必要な科目の単位を修得することにより免許状を取得できます 。
※この場合は実務経験年数は問われません。

(免許法第6条 別表第4による)
取得したい免許状の種類 現在所有している免許状 修得が必要な単位数 星槎大学で取得できる科目
教科に関する専門的事項に関する科目 各教科の指導法に関する科目
中学校教諭2種
専修・1種・2種免許状
10 3
中学校教諭2種(社会・保健体育)
中学校教諭1種
専修・1種免許状
20 8
中学校教諭1種(社会・保健体育)
高等学校教諭1種
専修・1種免許状
20 4
高等学校教諭1種(公民・保健体育)
3. 教職勤務経験を利用して隣接校種の免許状を取得する

各学校間の連携を強化するために設けられた制度です。普通免許状を有し、実務証明責任者の証明を有する方(3年の教職経験により教員として良好な勤務成績で勤務した者)が必要な単位を修得し、隣接校種の教員免許状を取得する方法です。
下表の基準により星槎大学で必要な単位を修得することにより免許状の取得が可能です。

(免許法第6条 別表第8 / 免許法施行規則第18条の2による)
取得したい免許状の種類 現在所有している免許状 現在の免許状での最低在職年数 修得が必要な単位数 大学において修得することを必要とする最低単位数
教科に関する専門的事項に関する科目 保育内容 の指導法に関する科目 教科及び教科の指導法に関する科目 道徳、総合的な学習 の時間等の指導法 及び生徒指導、教育相談等に関する科目 大学が独自に設定する科目
各教科の指導法
(情報機器及び教材の活用を含む。)
道徳の理論及び指導法 生徒指導の理論及び方法 教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識 を含む。)の理論及び方法 進路指導及びキャリア教育の理論及び方法
幼稚園教諭2種
小学校教諭普通免許状
3年 - 6 - - - - - - 6
小学校教諭2種
幼稚園教諭普通免許状
- - 10 1 2 - 13
中学校教諭普通免許状
- - 10 - 2 - 12
中学校教諭2種社会
小学校教諭普通免許状
10 - 2 - 2 - 14
高等学校教諭普通免許状 公民・地歴
- - 2 1 2 4 9
中学校教諭2種保健体育
小学校教諭普通免許状
10 - 2 - 2 - 14
高等学校教諭普通免許状 保健体育
- - 2 1 2 4 9
高等学校教諭1種公民
中学校教諭普通免許状 社会(2種を除く)
- - 2 - 2 8 12
高等学校教諭1種保健体育
中学校教諭普通免許状 保健体育(2種を除く)
- - 2 - 2 8 12

重要確認事項
■ 教育職員検定については、授与権者である各都道府県教育委員会によって細部が異なる場合がありますので、法令適用の可否、履修科目、単位数、修得方法等について、勤務先の都道府県教育委員会の指導を受ける必要があります。

■ 教育職員検定の際の教職勤務経験は、所持している免許状を使ったものに限られます。
(例) 中学校免許状所持者が、臨時免許状で小学校に勤めたものは勤務経験になりません。
■ 教育職員検定の際の教職勤務経験は、都道府県によってカウントの方法が異なります。
(例)非常勤講師としての勤務時間を換算して勤務経験の合算できる場合とできない場合があります。

■ 法令の全文を確認するには、「法令データ検索システム」(総務省行政管理局)をご覧ください。

ページトップへ