福祉スポーツ指導員養成プログラム | 免許状・資格取得 | 通信制大学 星槎大学

  1. 星槎大学 ホーム
  2. 教員免許状・資格
  3. 福祉スポーツ指導員養成プログラム

福祉スポーツ指導員養成プログラム一般財団法人星槎グループ認定資格

福祉イノベーション 〜スポーツからの刺客〜

  現在、高齢者あるいは障がい児・者に対して、体を動かす事だけではなく、勝敗による楽しみやコミュニケーションツールとしてのスポーツのニーズが高まっています。
 本プログラムでは、福祉現場で体を動かす事の楽しさはもちろん、競い合う楽しさやコミュニケーションスキル向上を目指したスポーツの指導や支援の専門家を養成していくプログラムを開設します。初級から上級までの3つの段階があり、初級資格である福祉スポーツサポーターから上級資格である福祉スポーツインストラクターを全て取得することで、福祉スポーツ指導員となります。
 福祉分野でスポーツの特性をいかして働くことを支援するプログラムですので、福祉業界で働きたい、または働いている方、そして、教育関連の仕事に就きたい方や指導者としてのスキルを身に付けたい方におすすめの資格です。

こんな方に最適!

○福祉業界に興味のある方、働きたいもしくは働いている方
○現職教員の方、その他、教育、医療の分野に従事されている方
○指導者としてのスキルアップを目指されている方
○児童関連の仕事に関わる仕事への就職をお考えの方
○スポーツが得意で、それを生かしていきたいとお考えの方


履修資格

正科生、科目等履修生(特修生含む)いずれの区分でも履修 できます。

初級資格 福祉スポーツサポーター
福祉スポーツリーダーと協力して、配慮が必要な人に対してサポートすることができる。
認定要件
動画視聴 「福祉スポーツサポーターとは」/3科目の修得 「レクリエーション概論」「救急処置法」「共生のための福祉」/6時間以上の福祉現場でのボランティア活動後、レポートの合格(ボランティア活動後に作成・提出)
中級資格 福祉スポーツリーダー
高齢者や障がい児に対して、福祉スポーツプログラムの作成および指導をすることができる。
認定要件
動画視聴 福祉スポーツのプログラム」/3科目の修得 「スポーツマネジメント」「コミュニティスポーツ論」「貧困と社会的養護」/48時間以上の福祉現場での実習後、課題(福祉スポーツのプログラム案の作成)の合格
上級資格 福祉スポーツインストラクター
福祉スポーツリーダーの考えたプログラムや指導内容を検証し、福祉スポーツリーダーを統括することができる。
認定要件
福祉現場でのスポーツ指導を50時間以上行い、レポートに合格すること/2科目の修得「特別講座(福祉)」「特別講座(スポーツ)」/50時間以上の福祉現場でのスポーツ指導実習後、レポートの合格(福祉スポーツの課題解決について)
※ それぞれの要件を満たし、申請後に修了証を発行します。上級資格まですべて修了した方は 「福祉スポーツ指導員」として星槎グループが認定します。
教員メッセージ
渋谷 聡 渋谷 聡
発達障がい児に対して運動指導をしている経験をもとに、コミュニケーションスキルを高める指導法をお伝えします。ぜひ一緒に学んでいきましょう!
髙木 由起子 髙木 由起子
みなさんが経験してきた「体育」をアレンジして、目の前にいる子どもたちのチカラや課題に合わせた能力を引き出す福祉スポーツ指導員を目指しましょう!
砂田 淳一郎 砂田 淳一郎
福祉スポーツ指導員は、福祉とスポーツを融合させた新たな資格です。そこで、この資格を取得して福祉分野で皆さんの力を思う存分発揮してみませんか!
中安 恆太 中安 恆太
福祉現場において、スポーツの楽しみを伝えられるようになれる資格です。ご自身が提供できるレクリエーションの知識・技術を増やすとともに、キャリアアップにも是非ご活用ください!
ページトップへ