1. 星槎大学 ホーム
  2. 学びのスタイル
  3. 募集要項

募集要項星槎大学への出願にあたって

アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れ方針)

星槎大学は、通信制課程のみを設置する大学として、学ぶ機会をすべての人に対し平等に拓くと共に、「共生科学」を学問分野とした教育研究活動を行っています。「学びたい」と感じたときがその人にとっての学びの適齢期であり、その「学び方」も多様であるとの考え方から、社会人も含めたあらゆる方にとっての学びやすさを提供しています。
星槎大学では、このような考え方に基づき、大学の教育理念に共感し、強い意欲をもって学び、かつその学びを社会における実践に繋げていく志をもつ人を受け入れます。

→ 「入学のための筆記試験、面接試験はありません。
※ 出願書類により入学資格の審査のみ行います。

星槎大学への出願にあたって

出願前に

募集定員
共生科学部 共生科学科
専攻 入学定員 編入学定員 収容定員
共生科学 600名 2年次 10名 3,980名
3年次 70名
4年次 150名
初等教育 50名 3年次 110名
福祉 20名 3年次 20名
スポーツ身体表現 50名 3年次 110名
グローカルコミュニケーション 50名 3年次 50名
出願期間
出願は年間随時受け付けます。
※ 出願時期・履修内容等により4月生または10月生としての登録になります。星槎大学ホームページからWEB出願も受け付けています。
入学選考方法
入学のための試験等はありません。出願書類で入学資格の審査のみ行います。
出願〜入学手続き
出願~入学までの流れについてはこちらをご覧ください。

学生区分と選び方

正科生 〜4年制大学の正規の課程で学びたい方〜

卒業要件:124単位(内スクーリング単位30単位)の修得(※ 必修科目を含む)
※ 入学年次及び専攻により卒業要件が異なります。詳しくは科目紹介ページをご覧ください。

このような方におすすめします。

● 大学の卒業を目指したい
● 専門学校や短期大学、他大学での学びを活かして、2~4年次に編入学し、大学の卒業を目指したい
● 教員免許状の取得や資格の取得を目指して学びたい
● スキルアップや生涯学習のために学び続けたい

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

星槎大学は、「人を認める、人を排除しない、仲間を作る」という三つの約束のもと、「人と人、そして人と自然とが共生する社会の創造に貢献する」を教育理念としています。共生科学部は、この三つの約束、教育理念に基づき、「21世紀を創造する広く深い知の涵養」「共生する心の耕作」「課題探究能力の育成」「インクルージョン教育に基づいた社会実践を担い、社会変革を目指す人材の育成」を教育目的とし、以下の「星槎共生スピリット」を身に付けたものに学位を授与します。

 

A. 共生社会創造のために、教育、福祉、環境、国際関係、スポーツ身体表現の専門的知識を生かし、狭い専門領域を越えて統合使用と知る意識を持つこと。
B. 問題が生起する現場において、専門知や統合知を使い、解決のために実践しようとする気概を持つこと。
C. 共感理解教育の理念を認識し、実践すること。
D. 多様な人々や生命に対して、他者を認め、他者を排除せず、仲間を作るという星槎の三つの約束の精神に則って、共生社会の創造に貢献する姿勢を身につけていること。
E. 個人や社会にとって必要な課題の解決のため、自律的な課題探究能力を身につけていること。
F. 共生社会創造の目的のために、絶えず学び続ける意欲を持つこと。

科目等履修生 〜1年間で必要な数科目のみ学びたい方(※ 継続して学び続けることも可能です)〜

このような方におすすめします。

●興味がある科目のみ学びたい 
● 他の大学や専門学校などに通いながら学びたい
● 資格の取得などのために不足する数科目のみ学びたい

特修生 〜大学入学・編入学するための資格がない方〜

特修生として本学で16単位以上修得することにより、本人の申請に基づき審査のうえ、本学の正科生1年次への入学資格が得られます。
本学でのみ有効なものであり、他大学に入学する場合は適用されません。

※正科生に入学する場合は満18歳以上でなければなりません。

正科生の「専攻」について

正科生には「共生科学専攻」「初等教育専攻」「福祉専攻」「スポーツ身体表現専攻」「グローカルコミュニケーション専攻」の5つの専攻区分があります。

※ 正科生でご入学の場合は、「星槎大学入学志願書」に専攻をチェックする欄がありますので、ご確認いただき、必ず記入してください。
※ 各専攻には募集定員があります。出願の内容によって専攻の選択についてご連絡させていただく場合があります。
※ 専攻によって取得可能な教員免許状・資格が異なります。複数の教員免許状・資格の取得を目指される場合は事前にご相談ください。

① 共生科学専攻(2〜4年次編入学が可能)
「初等教育専攻」「福祉専攻」「スポーツ身体表現専攻」「グローカルコミュニケーション専攻」に該当しないすべての方が対象です。
取得可能な教員免許状
・中学校教諭(社会)・高等学校教諭(地理歴史)(公民)
・特別支援学校教諭(領域:知的障害者 , 肢体不自由者 , 病弱者)

(1) 専攻登録料は必要ありません。
(2) 中学校(社会)、高等学校(地理歴史)(公民)、特別支援学校の教員免許状の取得を希望される方は、次の点にご注意ください。
・教職課程登録費(10,000円)が必要となります。また、教育実習が必要となる方は、学校種に応じた教育実習費が必要となります。
・出願時に「教職課程登録申込書(兼)調査書」を同封してください。
② 初等教育専攻(3年次編入学が可能)
幼稚園、もしくは小学校、または両方の教員免許状の取得を希望されている方が対象です。
取得可能な教員免許状
・幼稚園教諭 ・小学校教諭
(1) 専攻登録料60,000円(教育実習費を含む。教育実習を必要としない場合は10,000円)が必要となります。
※ 教職課程登録費は専攻登録料に含まれます。
(2) 出願時に「教職課程登録申込書(兼)調査書」を同封してください。
③ 福祉専攻(3年次編入学が可能)
本学を卒業する際に、社会福祉士国家試験受験資格の取得を希望されている方が対象です。
(1) 社会福祉士国家試験受験資格の取得を目指す場合、「福祉専攻」でなければ受験資格は得られません。
(2) 専攻登録料60,000円(相談援助実習費30,000円を含む)が必要となります。ただし、「厚生労働省令で定められた指定施設・職種にて専任の職員として一年以上相談援助業務に従事されたことを入学前に確認で きる場合、入学時に実務経験証明書(本学書式)の提 出をもって「相談援助実習指導」「相談援助実習」の2 科目が免除となり、相談援助実習費の納入は不要となります。

※ 事前に確認いたしますので、ご相談ください。
また、「実務経験証明書(本学書式)」が必要な方は、星槎大学 横浜事務局までご連絡ください。

④ スポーツ身体表現専攻(3年次編入学が可能)
保健体育の教員免許状の取得を希望されている方、スポーツを中心としたカリキュラムで学びたい方が対象です。
取得可能な教員免許状
・中学校教諭(保健体育) ・高等学校教諭(保健体育)
(1) 専攻登録料は必要ありません。
(2) 保健体育の教員免許状の取得を希望される方は、次の点にご注意ください。
・教職課程登録費(10,000円)が必要となります。また、教育実習が必要となる方は、学校種に応じた教育実習費が必要となります。
・出願時に「教職課程登録申込書(兼)調査書」を同封してください。
・「健康診断書(受診1年以内)」の提出が必要となります。
※ 「健康診断書」は勤務先等で実施しているもので構いません。(本学が指定する項目を受診してください)
※ 「健康診断書」は毎年提出していただきます。
⑤グローカルコミュニケーション専攻(3年次編入学が可能)
英語の教員免許状の取得を希望されている方、英語を基盤としたカリキュラムで学びたい方が対象です。
取得可能な教員免許状
・中学校教諭(英語) ・高等学校教諭(英語)
(1) 専攻登録料は必要ありません。
(2)中学校(英語)、高等学校(英語)の教員免許状の取得を希望される方は、以下の点にご注意ください。
  ・教職課程登録費(10,000円)が必要となります。また、教育実習が必要となる方は、学校種に応じた教育実習費が必要となります。
  ・出願時に「教職課程登録申込書(兼)調査書(様式‐③)」(本誌はさみ込みのもの)を同封してください。

入学・編入学するための資格〜提出書類

正科生
最終学歴 入学・編入学年次 入学・編入学するための資格 提出書類
高等学校卒業
1年次入学
-
A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
専攻科課程修了
3年次編入学
修業年限が2年以上であり、平成28年文部科学省告示第63号または64号の基準を満たす高等学校等専攻科の課程を修了した方

A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)


D.編入学資格証明書
※本学指定の用紙(様式-⑤)

専修学校専門課程
1年次入学
-
A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
3年次編入学
修業年限2年以上で課程の修了に必要な総授業時数が1,700時間以上の専門学校を卒業し、大学入学資格を有する方

A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)


D.編入学資格証明書
※本学指定の用紙(様式-⑤)

高等専門学校
(5年制過程)
卒業
1年次入学
高等専門学校(5年制)の第3学年を修了された方
E.高等専門学校
修了証明書
3年次編入学
高等専門学校(5年制)を卒業された方
F.高等専門学校
卒業証明書
短期大学卒業
1年次入学
-
A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
3年次編入学
2年制又は3年制の短期大学卒業
A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)

C. 成績・単位修得証明書
(在学期間が明記されている証明言)
4年次編入学
(共生科学専攻のみ)
3年制短期大学卒業
4年制大学中退
1年次入学
-
C. 成績・単位修得証明書
(在学期間が明記されている証明書)
2年次編入学
(共生科学専攻のみ)
他大学に1年以上在学し30単位以上修得された方
3年次編入学
他大学に2年以上在学し62単位以上修得された方
4年次編入学
(共生科学専攻のみ)
他大学に3年以上在学し92単位以上修得された方
4年制大学卒業
1年次入学
-
A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
3年次編入学
-
A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
+
C.成績・単位修得証明書
(在学期間が明記されている証明書)
4年次編入学
(共生科学専攻のみ)
-
大学院修了
1年次入学
-
A.大学の卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
3年次編入学
-
A.大学の卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
+
C.大学の成績・単位修得証明書
(在学期間が明記されている証明書)
4年次編入学
(共生科学専攻のみ)
-
正科生(その他)
  入学・編入学年次 入学・編入学するための資格 提出書類
その他
1年次入学
高校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格された方
B.合格証明書
(入学資格を証明するもの)

大学入学資格に該当する方(学校教育法施行規則)
(詳しくは文部科学省HP「大学入学資格について」をご確認ください)

事前にご相談ください
1年次入学または2〜4年次編入学
海外の大学または短期大学を卒業された方
A.卒業・修了証明書等
(入学資格を証明するもの)
+
C.大学の成績・単位修得証明書
(在学期間が明記されている証明書)
大学評価、学位授与機構から学士の学位を授与された方
G.学位授与証明書

※ 他大学に在籍している方は、在籍証明書と成績・単位修得証明書を提出してください。

科目等履修生
入学するための資格 提出書類
大学の入学資格を有している方
A.最終学歴の卒業証明書等 または H.最終学歴の卒業証書のコピー

※ 他大学に在籍している方は、在籍証明書を提出してください。

特修生
入学するための資格 提出書類
入学する年度の4月1日現在、満15歳以上である方
H.年齢を確認するための書類

A 卒業証明書・修了証明書・・・卒業・修了された高等学校・専修学校・短期大学・大学の          卒業証明書
・「卒業見込み」の場合は卒業証明書の代わりに卒業見込証明書を提出してください。
・統廃合等の理由により出身校に依頼できない場合は、出身校が設置されていた都道府県庁にお問い合わせください。
B 合格証明書・・・高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)の合格証明書
C 成績・単位修得証明書・・・卒業または中退された学校の成績・単位修得証明書
・大学を中退された方は、在学期間が明記された成績・単位修得証明書を提出してください。
・大学を卒業されていて編入学を希望している方は、成績・単位修得証明書の提出が必要となります。
D 編入学資格証明書・・・本学指定(様式-⑤)の用紙
・出身の学校で記入していただき提出してください。
E 高等専門学校 修了証明書・・・修了された高等専門学校の修了証明書
F 高等専門学校 卒業証明書・・・卒業された高等専門学校の卒業証明書
G 学位授与証明書・・・独立行政法人大学評価・学位授与機構から発行し、提出してください。
H 年齢を確認するための書類・・・※ 次のいずれか1点をお送りください。
・運転免許証のコピー ・住民票の写し ・健康保険証のコピー ・その他生年月日を確認できるもの


【ご注意】
・証明書類は原本を提出してください。
・ご結婚などで証明書等と姓が異なる場合は、証明できる書類(例:戸籍抄本)を提出してください。
・教員免許状の取得を目指される方は「教職課程登録申込  書(兼)調査書(様式-③)」を提出してください。

学納金(学費)と納入方法

学納金(学費)

共通
内訳 学生区分 納入時期
正科生 科目等履修生
特修生
1年次入学 2〜4年次編入学
入学検定料 10,000円 - 出願前
入学金 30,000円 - 履修科目登録 前
編入学料 - 2年次 15,000円
3年次 20,000円
4年次 30,000円
-
登録料(年間) 3,000円 10,000円
授業料 1単位 5,000円 1単位 8,000円 履修科目登録 後
スクーリング受講料 1単位 10,000円(0.5単位 5,000円)
※ 実技系科目(スポーツ(1)、スポーツ(2)、体育実技10科目)については  1単位20,000円(0.5単位 10,000円)になります。
その他 教材費 科目により異なります。
(教材は、ご自身で購入していただきます)
保険料 年間 100円(在学期間中)
施設管理費 体育実技科目 1科目 5,000円(実技保険料を含む)
証明書発行手数料 証明書の種類により異なります。
(詳しくは 学生ハンドブックをご覧ください)
証明書の発行を依頼する際

※ 学則の変更に伴い、在学中でも上記の金額が変更される場合があります。
※ 一旦納入した学費は、返還できません。
※ 卒業時に別途、卒業諸費用がかかります。

※登録料(年間)の払込用紙には1科目分の 学納金費用も含め送付します。正科生の場合「登録料3,000円+1科目分学納金10,000円」、科目等履修生の場合「登録料10,000円+1科目分学納金16,000円」となります。

教職課程登録費・教育実習費(教員免許状の取得を希望される方)
教職課程登録費 ※1 教育実習費 ※2 備考
幼稚園
10,000円 40,000円または50,000円 正科生の方は、初等教育専攻
「専攻登録料」として納入いただきます。
小学校
10,000円 40,000円または50,000円 正科生の方は、初等教育専攻
「専攻登録料」として納入いただきます。
中学校
10,000円 40,000円または50,000円 -
高等学校
10,000円 40,000円 -
特別支援学校
10,000円 40,000円 -

※1 教員免許状の取得を目指される場合は、必ず教職課程登録が必要になります。
※2 教育実習費は実習年度の納入になります(教育実習が必要な方のみ)。なお、教育実習費は科目「教育実習」の授業料、スクーリング受講料とは別の費用となっています。

専攻登録料(正科生で初等教育専攻・福祉専攻の方)
専攻名 専攻登録料 備考
初等教育専攻 60,000円 教職課程登録費(10,000円)、
教育実習費(50,000円)が含まれます。 ※1
福祉専攻 60,000円 ※2 専攻登録料(30,000円)、相談援助実習費(30,000円)が含まれます。

※1 教育実習費は実習年度の納入になります(教育実習が必要な方のみ)。
※2 相談援助実習費は実習年度の納入になります(相談援助実習が必要な方のみ)。

分納制度

授業料とスクーリング受講料の合計額により分割での納入が可能です。

(1)分納の条件・納付時期等

学費の内訳 分割方法 納入時期 事務手数料
10万円以上 2分割 4月生:①申請時 ②10月末
10月生:①申請時 ②4月末
1,000円
20万円以上 2分割 4月生:①申請時 ②10月末
10月生:①申請時 ②4月末
1,000円
4分割 4月生:①申請時 ②7月末 ③10月末 ④12月末
10月生:①申請時 ②12月末 ③4月末 ④7月末
2,000円

※ 分納対象は[授業料+スクーリング受講料]の合計額になります。

(2)申込方法

分納を希望される場合は、横浜事務局までご連絡ください。
分納申請書をお送りします。

※4月生は7月15日、10月生は12月15日が申請書の提出期限です。

入学検定料のお支払い

《支払方法》

①本誌末にはさみ込みの払込用紙に必要事項を記入してください。
②お近くの郵便局にてお振り込みください。
③志願書と一緒に受領書をお送りください。
 ※振込手数料はご自身でご負担いただきます。

修学支援新制度および奨学金

【高等教育の修学支援新制度】

本学は「高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金・授業料等減免)」の対象校となりました。
この制度は、進学意欲がありながらも経済的理由で進学が困難な方への支援制度です。
「高等教育の修学支援新制度」の対象者は、本学在学にあたり授業料、入学金の免除または減額と、給付型奨学金の両方の支援が世帯年収に応じて受けられます。
支援を受けるためには、在籍している学校または卒業した高等学校等(高等学校卒業後2年以内)にて申請手続きが必要となります(高等学校既卒者、高校卒業程度認定試験合格者の方は入学後に申請となります)。
詳しくは文部科学省HP「高等教育の修学支援新制度」をご覧ください。

《申込方法》

給付型奨学金の採用候補者となった方は「給付奨学生採用候補者決定通知」を出願書類に同封しご提出ください。
※給付型奨学金のお申込み窓口は、日本学生支援機構(JASSO)です。
 

《通信課程の上限額(参考)》

授業料減免上限額(年額) 130,000円
入学金減免上限額(一回限り支給) 30,000円
給付額(年額) 51,000円
※上記金額は上限額であり、金額は世帯年入に応じて決定されます。支援を受けることができる区分に応じて、上記支援標準額の金額、3分の2、3分の1の支援が受けられます(年収の目安:両親・本人・中学生の家族4人世帯の場合、年収380万円以下が対象)。

【日本学生支援機構奨学金(貸与型)】

経済的な理由により、修学が困難な学生に対し、教育を受ける機会を保障し、自立した学生生活を送れるようにするための奨学金制度です。
※各奨学金には、採用定員があるため、申請者の家計状況や学業成績等の選考基準があります。
※貸与を受けた奨学金は、卒業後に全額を返済する必要があります。

《奨学金の種類》

第一種 無利息 貸与年額 88,000円
第二種 利息付(変動制 年利3%以下)在学中は無利息 貸与年額 20,000〜120,000円から選択

《申込条件》

「正科生であること」「人物·健康·学力·家計について、総合的に推薦基準を満たしていること」「申し込み時点で、推薦基準の31単位以上(目安)を履修科目登録していること」などが条件となります。

障がいについてのご相談

障がいがあり、支援を必要とされる場合は、入学志願書に記入してください。また、医師の診断書もしくは障害者手帳をお持ちの場合、コピーを出願書類とともに提出してください。また、学修を進めるうえで心配なことなどございましたら、お気軽にご相談ください。可能な限りの配慮をさせていただきます。

※ 視覚障がい、聴覚障がい、言語障がい、肢体不自由、重複、発達障がいなどで修学相談を必要とする方。

星槎大学附属総合キャリア支援センターについて

星槎大学附属総合キャリア支援センターでは、学生のみなさまがよりよい学生生活を送り、人生設計できるように、キャリア発達支援室・キャリアカウンセリング室・キャリアサポート室が協力し、サポートしていきます。 専門のカウンセラーやアドバイザーが教員と連携して対応していきますので、就職のことだけでなく、学修がうまくすすめられないときや、何かで困ったり悩んだりしたときも、一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください。

 

 

ページトップへ